はじめに

私たちは今一度
"安全第一”について
考え直す時が来た。

1906年、アメリカのUSスチール社の会長である
エルバート・H・ゲーリーが掲げた経営方針。
当時のアメリカは不景気の真っ只中。
「生産第一・品質第二・安全第三」が当たり前だった中、
苦しむ労働者を見て心を痛めた彼は、
世の中に逆らうように優先順位を逆にしました。
組織の存続を脅かし兼ねないその決断。
しかし、その決断は世界を変えるモノにまでなったのです。
時は経ち、東京オリンピックや震災の影響で
加速と規制が激化するこの国・日本。
遠く離れたこの国までにも届いた「安全第一」の心。
けれども、無くならない事故。
いつからか、「安全第一」の言葉は
「アンゼンダイイチ」という音になってしまいました。
私たち中播運輸有限会社は、
なくしてしまった大切な言葉の意味をもう一度見直します。

新着情報

2019.02.15

弊社、中播運輸工業有限会社のホームページを開設致しました。